Free縄文遺跡群スタンプラリー開始 北東北16カ所対象 二戸地域振興センター

スタンプラリーへの参加を呼び掛ける県職員
スタンプラリーへの参加を呼び掛ける県職員

岩手県県北広域振興局二戸地域振興センターは「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録決定1周年となる27日、北東北の遺跡群と縄文関連施設などを巡る「御所野・大湯・是川 縄文周遊発掘スタンプラリー」を開始した。11月末まで。

 遺跡群の構成資産である御所野縄文博物館(一戸町)、是川縄文館(八戸市)、大湯ストーンサークル館(秋田県鹿角市)と、北東北の縄文関連施設や道の駅など計16カ所が対象。初めてラリー企画を行った昨年度より、3カ所増やした。

 スタンプ台紙は各所に設置。来場者は3カ所以上でスタンプを押し、同センターに郵送する。抽選で各地の特産品などが当たる。

 同センターの立柳敦交流連携特命課長は「世界遺産登録1周年を機に縄文遺跡や北東北の文化、風土に広く触れていただきたい」と呼びかけている。

 問い合わせは二戸地域振興センター=電話0195(23)9205=へ。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。まずはアプリをダウンロードしてお試しください。無料コンテンツもたくさんあります。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録