配球の変化に適応できず プロ野球、打者の苦戦続く

 プロ野球の今季前半戦で無安打無得点試合の快投を見せた4投手。左上から達成順で時計回りに、完全試合のロッテの佐々木朗希、ソフトバンクの東浜巨、DeNAの今永昇太、オリックスの山本由伸
 プロ野球の今季前半戦で無安打無得点試合の快投を見せた4投手。左上から達成順で時計回りに、完全試合のロッテの佐々木朗希、ソフトバンクの東浜巨、DeNAの今永昇太、オリックスの山本由伸
今季のプロ野球は佐々木朗希投手(ロッテ)の28年ぶりの完全試合を含め、前半戦だけで4投手が無安打無得点試合を達成した。同一シーズンで4人達成は1943年以来。7月20日には新人の椋木蓮投手(オリックス)が九回2死まで無安打投球を続けるなどさ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録