新病棟はアゲハ形 むつ総合病院、26年度利用開始目指す

むつ総合病院新病棟(右手前)の完成予想図。むつ市の夜景にちなんだ「アゲハ」の形に設計された(同病院提供)
むつ総合病院新病棟(右手前)の完成予想図。むつ市の夜景にちなんだ「アゲハ」の形に設計された(同病院提供)
一部事務組合下北医療センター(管理者・宮下宗一郎むつ市長)は、むつ総合病院新病棟の基本設計を公表した。現病棟に隣接する金谷公園の一角に建設し、同市の釜臥山から見える夜景にちなんだ「アゲハ」の形が特徴。地上5階、地下1階、病床数は330床で、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録