【高校野球青森決勝】父の夢追い両主将躍動 甲子園懸け全力プレー

八学光星の洗平歩人主将(左上)、父竜也さん(左下)、工大一の砂頼人主将(右上)、父善克さん(右下)
八学光星の洗平歩人主将(左上)、父竜也さん(左下)、工大一の砂頼人主将(右上)、父善克さん(右下)
弘前市はるか夢球場で22日行われた全国高校野球選手権青森大会決勝。八戸学院光星高の洗平歩人主将と八戸工大一高の砂頼人主将は、それぞれの父親の教えを胸に頂上決戦に臨んだ。父と同じ高校に進み、チームの主力となった2人。集大成の夏、父が果たせなか.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録