【義と情と理と 大島理森が駆けた時代】第2部 動乱(2-2)新党ブーム、厳しい選挙

4期目の当選を決めて花束を受け取った大島理森氏(中央)。新党ブームが起こる中で既存政党には厳しい戦いだった=1993年7月18日、八戸市内
7月4日公示の総選挙は新生、さきがけ、日本新党が多数の候補を擁立。「新党ブーム」とも言える状況の中で、自民をはじめとする既存政党は苦戦が予想されていた。解散直後、八戸市を地盤とする自民議員2人が発した対照的なコメントが、別々に歩むその後を暗.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録