【義と情と理と 大島理森が駆けた時代】第2部 動乱(2-1)不信任案に羽田派同調

竹下派から独立した羽田派の結成式。あいさつする羽田孜氏(中央)。左は小沢一郎氏=1992年12月18日、東京都内
1992(平成4)年8月に発覚した東京佐川急便事件で自民党・竹下派会長を退いた金丸信氏の後継を巡り、同派の亀裂は一気に広がった。背景には金丸氏の威光もかさに剛腕を振るった小沢一郎氏への反発があった。10月に小渕恵三氏が会長に就くと、羽田孜氏.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録