全品種で標準着果率上回る ふじ35・3% 22年青森県産リンゴ

青森県は21日、2022年産リンゴの着果状況と黒星病発生状況を発表した。園地ごとにばらつきはあるものの、いずれの品種も標準着果率を大きく上回り、前年より高かった。黒星病は各品種とも被害はなかったが、一部園地ではつがるや王林にサビ果や日焼け果.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録