代替コーヒー、米で注目 捨てる種使い味再現 環境意識の高まり背景

 米新興企業アトモコーヒーが開発した代替コーヒーの缶コーヒー=5月、ニューヨーク(共同)
 米新興企業アトモコーヒーが開発した代替コーヒーの缶コーヒー=5月、ニューヨーク(共同)
コーヒー激戦区で知られる米西海岸シアトルの新興企業が、「コーヒー豆を使わないコーヒー」を開発した。環境意識の高まりを背景に、普段は捨てられるデーツ(ナツメヤシの実)の種を主な原料にコーヒーの味わいを再現。年内にも商品化する見通しだ。大豆由来.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録