【貨物船座礁】撤去完了、来年1月末見通し 悪天候、油回収で1カ月遅れ

説明会が行われる会場に入る出席者=19日、八戸市水産会館
説明会が行われる会場に入る出席者=19日、八戸市水産会館
八戸港沖で昨年8月に発生したパナマ船籍の貨物船座礁事故で、船主側は19日、来年1月末までに船体撤去に関わる全作業の完了を目指すとの見通しを明らかにした。悪天候や船内に残る油の回収などに時間を要し、従来より1カ月遅れる。現場に残る船尾部分の撤.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録