Free夏の風物詩で思い出を 八戸・かもめ幼稚園で流しそうめん

流しそうめんを楽しむ園児
流しそうめんを楽しむ園児

八戸市鮫町のかもめ幼稚園(小澤直子園長)で13日、流しそうめん大会が行われた。年少―年長児55人が流れてくるそうめんを次々とすくい取り、夏の風物詩である涼やかなイベントを楽しんだ。

 園児の夏の思い出づくりと、箸の持ち方の練習を兼ねて毎年実施。

 園児は雨どいで作られた長さ35メートルの台の横に箸とおわんを持って並び、そうめんが流れてくると「来た」「取れた」などと歓声を上げ、上手にすくい上げた。

 新型コロナウイルス感染防止対策として、その場では食べずに園庭の机に移動。そうめんにトマトやキュウリなどをトッピングして、おいしそうに頰張った。

 下田菜桜ちゃん(6)は「難しかったけど取れたときはうれしかった。冷たくておいしい」とにっこり。前田昂佑ちゃん(5)は「流れてくるのが涼しそう。たくさん取れて楽しかった」と話した。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録