京アニ事件初公判、来年以降の見方も 責任能力の有無焦点、長期化必至

 京都アニメーション第1スタジオ跡地=15日、京都市伏見区(共同通信社ヘリから)
 京都アニメーション第1スタジオ跡地=15日、京都市伏見区(共同通信社ヘリから)
36人が犠牲となった2019年の京都アニメーション放火殺人事件で起訴された青葉真司被告(44)の公判日程が決まらない。いまだに具体的な調整も始まらず、裁判関係者からは「初公判は早くても来年」との見方が出ている。事件から18日で3年。長期化は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録