辞任否定、くすぶる不満 泉代表、かじ取り難しく/参院選敗北の立民

 泉立民代表の方針と課題
 泉立民代表の方針と課題
参院選で敗北した立憲民主党内で、辞任を否定する泉健太代表への不満がくすぶっている。昨秋の衆院選以降、政策立案重視や共産党との共闘見直しを掲げたものの、獲得議席は改選数を下回り、比例代表票も大きく減少。このまま低迷が続けば、次期衆院選も同様の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録