Free朝のニュースダイジェスト(7月17日)

【5日連続で最多更新】
 青森県などは16日、県内で921人の新型コロナウイルス感染を発表した。5日連続で1日当たりの最多を更新。みなし陽性54人を含めると、計975人。八戸市は383人で6日連続の最多更新となり、病床使用率は70%を超えた。

 【サルナシ使った菓子発売】
 軽米町産業開発は16日、町特産のサルナシを原料に使った菓子「さるなしたまご」を発売した。岩手県大船渡市のさいとう製菓に製造を依頼し、同製菓の銘菓「かもめの玉子」のような卵形で、果実特有の酸味を生かした甘口の商品に仕上げた。

 【世界遺産登録1周年の企画展スタート】
 「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録1周年を記念した特別企画展「北海道・北東北のJOMON」が16日、青森市の三内丸山遺跡センターで始まった。10月2日まで。

 【絆ウオーク、八戸でゴール】
 東日本大震災からの復興を願い、東京都~青森県間の約930キロをリレー方式で歩いて巡る「絆ウオーク」は16日、八戸市でゴールした。

 【きょうから準々決勝】
 第104回全国高校野球選手権青森大会は17、18日、弘前市はるか夢球場で準々決勝が行われる。3回戦を勝ち上がった8校が阪神甲子園球場で行われる全国大会(8月6日~22日)の切符を目指し、火花を散らす。

お気に入り登録