【義と情と理と 大島理森が駆けた時代】第2部 動乱(1-3)牛歩戦術、徹夜国会続く

PKO協力法案の採決は与野党が入り乱れ、大混乱に。中央はもみくちゃにされながら文書を読み上げる林義郎委員長=1991年11月27日
大島氏が動議を出した途端に、傍聴していた野党議員が委員長席に詰めかけ、林委員長を守ろうとする自民議員、衛視との間でもみ合いとなった。 この時の国会議事録にはこう書かれている。 大島委員「議長。緊急動議をお願いします。(発言する者多く、聴取不.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録