共通投票所、全国普及遠く 多額費用に自治体及び腰

 2022年参院選で共通投票所を設けた自治体
 2022年参院選で共通投票所を設けた自治体
選挙の投票率アップの有効打として2016年の公選法改正で導入された「共通投票所」の全国への普及が遠い。国政選で見ると、4市町村7カ所だった16年参院選から少しずつ増えているが、先の参院選では28市町村143カ所。最大の課題は、多額の費用がか.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録