【義と情と理と 大島理森が駆けた時代】第2部 動乱(1-2)PKO協力法で対峙

自民党総裁選に出馬した、右から宮沢喜一、渡辺美智雄、三塚博の3氏=1991年10月
 ―竹下派は金丸信会長が小沢一郎氏に総裁選出馬を促しましたが、小沢氏は固辞しましたね。 海部政権で官房副長官を務めていた時、党幹事長だった小沢先生にご指導をいただいた関係で、私は小沢先生に近いと周囲に見られていました。自衛隊の海外派遣や政治.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録