【高校野球青森】一歩も引かず、積極野球貫く/八高専

【八高専―工大一】2回八高専2死二塁、鈴木優晟が左前適時打を放ち1―1とする=はるか夢
【八高専―工大一】2回八高専2死二塁、鈴木優晟が左前適時打を放ち1―1とする=はるか夢
八高専は同地区の強豪に懸命に食らい付いたが、最後は突き放された。2回戦で夏を終えることになったが、髙橋慶主将は「積極的なバッティングなど自分たちらしい野球は貫くことができた」と力強くうなずいた。 「学校事情」で一時は出場も危ぶまれたが、選手.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録