食品値上げ、7月も相次ぐ 低価格が売りのPBにも波及

 7月の主な家庭用食品の値上げ
 7月の主な家庭用食品の値上げ
原材料価格の高騰や急速な円安進行などを背景に、食用油や小麦粉といった家庭用食品の値上げが7月も相次いでいる。価格改定に踏み切る動きはナショナルブランド(NB、メーカー品)だけでなく、低価格を売りとするスーパー独自のプライベートブランド(PB.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録