【岩手県議会区割り変更】「地域の声届くか」 県北定数1減、首長ら不安

次期岩手県議選から九戸選挙区(定数1)を分割する条例改正案が可決された5日、県北地方の首長や住民からは「県北の定数が実質1減となる。地域の多様な意見が県政に反映しづらくなる」といった不安の声が聞かれた。 県北の8市町村長は昨年10月、県土の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録