【参院選青森】岸田氏巡る思惑 立民―決断力不足批判 自民―バランス感覚評価

岸田文雄首相の政権運営を巡り、与野党の思惑が交錯する(写真はコラージュ、上から田名部匡代候補の看板、岸田文雄首相=中央=、齊藤直飛人候補の看板)
岸田文雄首相の政権運営を巡り、与野党の思惑が交錯する(写真はコラージュ、上から田名部匡代候補の看板、岸田文雄首相=中央=、齊藤直飛人候補の看板)
与野党の事実上の一騎打ちが繰り広げられている参院選青森選挙区。時の首相が、強いリーダーシップを発揮しつつ、批判の声も根強かった安倍晋三氏から、「聞く力」をアピールし、失言や失点の回避に腐心する岸田文雄氏に代わって、2回目の国政選挙となる。立.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録