【参院選】自公スクラムに不協和音 「共闘」極力薄めた野党

 与野党それぞれの「共闘」
 与野党それぞれの「共闘」
参院選が与党内、野党間それぞれの関係性を映し出している。スクラムを組む自民、公明両党。相互推薦を巡るあつれきを乗り越えたが、協力要求の高さから不協和音が漏れてくる。野党は連携を深めた前回2019年から関係性が一変し、「共闘」を極力薄める。民.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録