天鐘(7月1日)

兼好法師は徒然草に「家の作りようは夏をむねとすべし」と書いた。冬の寒さはどうにでもなるけれど、夏の暑さは耐え難いと。家は夏が快適に過ごせることを基準にせよとの教えだ▼昔の日本家屋には夏の暑さをしのぐための、多くの知恵と工夫があった。襖(ふす.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録