時評(7月1日)

東芝は定時株主総会を開き、「物言う株主」の海外ファンド幹部2人の新たな起用を含む計13人の取締役人事案を可決した。 国内外のファンドから非上場化や会社分割の提案などが出されて迷走が続いてきたが、これを機に新しい経営陣の下で明確な経営戦略を早.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録