【参院選】「政治に問う 青森の有権者は今」 一貫性ある農政を

「このままでは農村がなくなる」。天間正大さんは一貫性のある農政を望む=6月中旬、七戸町
「このままでは農村がなくなる」。天間正大さんは一貫性のある農政を望む=6月中旬、七戸町
八甲田連峰の裾野、農村風景が広がる七戸町道ノ上地区。祖父の代からこの地に根を張る天間正大さん(59)は、30歳で脱サラして農家になった。 次男だったことから、農地は兄から借り、農機具は父から中古で買った。「大企業に勤める同世代の会社員より稼.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録