【参院選】夫婦別姓、公約割れるも論戦低調 若い世代の関心置き去り

 夫婦の姓に関する主な政党の公約
 夫婦の姓に関する主な政党の公約
参院選で選択的夫婦別姓制度の論戦が低調だ。公明党、立憲民主党などが公約に導入を掲げた一方、意見が分かれる自民党は「氏を改めることによる不利益を解消する」などと主張。選択的夫婦別姓への具体的な言及はしなかった。選挙戦では、暮らしに直結する物価.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録