Free願い事かなうといいな 久慈の保育園児ら「七夕バス」に装飾

装飾された七夕バスを見上げる平山保育園の園児たち
装飾された七夕バスを見上げる平山保育園の園児たち

久慈市の平山保育園(菅原志保子園長)の年長、年中の園児11人が24日、同市の岩手県北自動車久慈営業所(北俣勝己所長)を訪問し、岩手県北バスの路線バス1台を「七夕バス」に装飾した。

 園児たちはバスに乗り込むと、車内の天井や壁、窓などに天の川、星などをイメージした飾りを次々と取り付けた。園長や保育士に手伝ってもらい、約30分の作業で、車内はきらびやかな雰囲気に変わった。

 短冊には園児それぞれの願い事が託された。年長の本波弦(げん)ちゃんは「大きくなったら救急隊員になりたい。バスの飾り付けは楽しかった」と笑顔を見せた。

 七夕バスは、市が取り組む路線バス利用促進事業の一環で、昨年度に続き2度目。本年度は7月23日まで久慈大野線、久慈海岸線で運行される。

お気に入り登録