Free朝のニュースダイジェスト(6月24日)

【期日前投票始まる】
 7月10日投開票の参院選の期日前投票が23日、青森県内の40市町村で始まった。投票所は県内計118カ所に開設。一部の投票所を除き、原則として投票日前日の7月9日まで投票を受け付ける。

 【シモムラと立地協定】
 青森県とむつ市は23日、繊維メーカー「シモムラ」(石川県小松市、西山成幸社長)と、工場開設に関する立地協定を結んだ。同社は、5月末で生産を中止したアツギ東北むつ事業所の施設を受け継ぎ、「むつ工場」を開設。即戦力として、アツギ東北の元従業員66人を雇用した。

 【貿易額7カ月連続増】
 八戸税関支署は23日、5月の貿易概況を発表した。取り扱いがあったのは八戸、久慈、むつ小川原の3港。輸出入を合わせた貿易額は、前年同月比47・1%増の249億9500万円で、7カ月連続で増加した。

 【早期移転を陳情】
 三沢基地周辺町内連合会(種市光雄会長)は23日、三沢市と市議会に対し、基地を巡る民生安定対策を陳情した。基地機能の強化反対や、騒音に苦しむ同市浜三沢、岡三沢5、6丁目の早期移転など7項目について、国や関係機関に働きかけるよう求めた。

 【青森で237人感染】
 青森県は23日、県内で237人の新型コロナウイルス感染を確認し、感染者1人が死亡したと発表した。

お気に入り登録