時評(6月22日)

参院選が公示され、7月10日の投開票日に向け本格的な選挙戦に入った。岸田文雄首相が就任した直後の衆院選で自民党が単独過半数を確保してから約8カ月、岸田内閣の実績と期待度への審判の場となる。 ロシアのウクライナ侵攻が選挙の争点に大きな影響を与.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録