乳児死因、突然死症候群か 釧路の保護責任者遺棄事件

北海道釧路市で2歳の長男と生後4カ月の次男が自宅に放置され、次男が死亡した事件で、死因は乳幼児突然死症候群(SIDS)だった可能性が高いことが21日、捜査関係者への取材で分かった。 次男は意識不明の状態で発見され、病院で死亡が確認された。道.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録