【参院選青森】政党の戦略(5・完)社民県連・今村修代表

今村修代表
今村修代表
―選挙の争点は。 ウクライナ問題に伴う不安定な国際情勢を受けて、岸田政権は憲法を変えてしまう方向に突き進んでいるように感じる。当初イメージしていた、柔軟に意見を交わし、話し合う姿勢は感じられない。露骨な態度ではないが、数の力で押し切る姿勢が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録