【参院選青森】「安全保障政策」立民―防衛費は必要な分のみ 自民―抑止力強化へ新戦略を

日米共同訓練で輸送機から降ろされる米海兵隊の高機動ロケット砲システム。参院選では安全保障政策が争点の一つとなっている=2021年12月、八戸市
日米共同訓練で輸送機から降ろされる米海兵隊の高機動ロケット砲システム。参院選では安全保障政策が争点の一つとなっている=2021年12月、八戸市
22日公示の参院選は、ロシアのウクライナ侵攻という国際有事下で行われる。さらに日本に隣接する中国や北朝鮮が近年、軍事的挑発を強めていることを背景に、安全保障政策に対する関心はかつてないほど高い。自衛隊駐屯地や米軍基地が立地する青森県にとって.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録