青森県、野菜産地創出へWG結成 五戸で冷食用カボチャの移植作業

農機を使ってカボチャの苗を植えるメーカーの担当者=16日、五戸町
農機を使ってカボチャの苗を植えるメーカーの担当者=16日、五戸町
加工野菜のニーズの高まりなどを背景に、青森県は本年度、冷凍食品などの原料となる野菜の産地創出を推進している。生産者や自治体、JAなどがワーキンググループ(WG)を結成して技術体系の確立を目指す。16日は五戸町内にWGのメンバーが集まり、冷凍.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録