天鐘(6月16日)

「白羽の矢が立つ」「耳ざわり」「鳥肌が立つ」…どちらかと言えば負のイメージが強かった言葉や慣用句が、時代や世代に揉(も)まれて“葛藤”、プラス方向にひっくり返る「言葉の揺れ」が起きているという▼白羽の矢は、人身御供(ひとみごくう)を求める神.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録