Free「源平盛衰記」馬を切り口に 十和田称徳館で企画展

馬を切り口にした源平の企画展をPRする学芸員
馬を切り口にした源平の企画展をPRする学芸員

十和田市馬事公苑の馬の文化資料館「称徳館」で、企画展「称徳館資料で楽しむ『源平盛衰記』の世界」が開催されている。「平家物語」の異本の一つとされる軍記物語「源平盛衰記」をテーマに、馬にまつわる収蔵品の数々を紹介している。9月25日まで。

 展示では、物語で描かれる石橋山、宇治川、一ノ谷などそれぞれの戦いの場面に関連する錦絵や、源義経や平敦盛、熊谷直実といった登場人物の土人形などを紹介。三戸や七戸で生まれたとされる源頼朝の秘蔵の馬など、馬に関するエピソードも取り上げている。

 多くは常設展示していない収蔵資料だといい、学芸員の佐藤康則さんは「称徳館ならではの馬にこだわった切り口を楽しんでほしい」と話している。

 開館は午前9時~午後4時半。入館は一般310円、学生105円、中学生以下無料。月曜休館(祝日の場合は翌火曜)。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録