自民「つかみ金」手放せず 野党、参院選へ争点化狙う/旧文通費

 旧文通費を巡る与野党の立場
 旧文通費を巡る与野党の立場
国会議員の「調査研究広報滞在費」(旧・文書通信交通滞在費)は、今国会も使途公開が実現しなかった。与野党協議を主導した自民党は、世論の厳しい目を意識しながらも、非課税で使い勝手の良い「つかみ金」(自民筋)を手放せなかった格好だ。野党は参院選で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録