Free2種の「大湊海自カレー」再認定 新艦長、司令が太鼓判/むつ

再認定式で記念写真に収まる関係者ら
再認定式で記念写真に収まる関係者ら

むつ市のご当地グルメを提供する店舗でつくる大湊海自カレー普及会(宮本明会長)は9日、「護衛艦ちくまカレー」と「大湊基地業務隊カレー」をそれぞれ提供する飲食店で再認定式を行った。今春から新たに着任した艦長と司令がカレーを試食し、味に太鼓判を押した。

 大湊海自カレーの提供店では、艦長ら幹部が交代するたびに再認定審査を行っている。

 式は、護衛艦ちくまカレーを扱う同市下北町の「駅前食堂」と、大湊基地業務隊カレーを扱う同市小川町2丁目のマエダ本店にあるレストラン「クッチーナ」で行われた。共に3月に着任した青木崇艦長と牧孝行司令がカレーを試食した。

 クッチーナで大湊基地業務隊カレーを試食した牧司令は「じわじわ来る辛さなど、味が忠実に再現されており、隊員に出しても全く遜色ない」とお墨付きを与えた。

 同店の菊池利勝店長(52)は「無事認定を頂いたので、こだわり抜いた味をいろいろな人たちに食べてもらい、むつ市の魅力に触れてもらえれば」と決意を新たにした。

 二つのカレーは2017年6月から店舗で提供されており、今年5月までに護衛艦ちくまカレーは約8800食、大湊基地業務隊カレーは約9300食を販売している。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録