地域工務店の負担懸念 太陽光義務化は東京先行/住宅省エネ義務化

 省エネ住宅のイメージ
 省エネ住宅のイメージ
住宅を建てる際、省エネ対応が義務付けられる。2025年度まで3年の準備期間があるが、中小零細工務店の負担増が懸念され、国土交通省は手続きを簡素化する方針だ。政府が太陽光発電設備の義務化を見送る中、東京都は先行して一部事業者に設置を求める。 .....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録