表現の自由制約に懸念 侮辱罪、恣意的運用監視を/改正刑法成立

 表現の自由を巡る国会論戦
 表現の自由を巡る国会論戦
改正刑法成立で「侮辱罪」が厳罰化され、懲役・禁錮と罰金刑の対象になった。近年、交流サイト(SNS)などインターネット上の誹謗(ひぼう)中傷は過熱。人格を否定する悪質な書き込みに厳しく臨むべきだとの認識は社会に広がる。一方で、憲法が保障する表.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録