申請設備の明確化にめど 再処理工場設工認審査で規制委

原子力規制委員会は13日、使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)の詳細設計の認可(設工認)の審査会合を開いた。認可に向けて懸案となっていた申請対象設備の明確化の議論について、「終わりつつある」との認識を示した。ただ、整理が必要な部分が残ってお.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録