エネ戦略と安保で板挟み 風力発電、設置制限の法的根拠なし

 気象レーダーが風力発電設備の風車に当たり降水域と誤って表示された図。右は気象衛星による正しい観測(気象庁提供)
 気象レーダーが風力発電設備の風車に当たり降水域と誤って表示された図。右は気象衛星による正しい観測(気象庁提供)
日本各地で建設が進む風力発電設備が「安全保障上の障害」となる恐れが出てきた。政府は、攻めのエネルギー戦略と守りの安全保障との間で板挟みに。風力発電の建設予定者に事前相談を呼びかけるが、防衛を理由に設置を制限する法的根拠はなく、専門家は「縦割.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録