聖愛4強、青森山田準々決勝へ/春季東北高校野球

【準々決勝・弘学聖愛―仙台育英】延長11回弘学聖愛2死二塁、髙木優斗の左中間二塁打で、二走工藤遼大(中央)が本塁に生還し、7―6とする=福島県営あづま球場
【準々決勝・弘学聖愛―仙台育英】延長11回弘学聖愛2死二塁、髙木優斗の左中間二塁打で、二走工藤遼大(中央)が本塁に生還し、7―6とする=福島県営あづま球場
第69回春季東北地区高校野球大会第2日は9日、福島県の県営あづま球場、ヨーク開成山スタジアムの2球場で1回戦と準々決勝計3試合が行われた。青森県勢は第2代表の弘学聖愛が準々決勝で、仙台育英(宮城(1))との延長十一回の接戦を制して4強入り。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録