無農薬米でおいしい日本酒を 有志団体、八戸酒類とSDGs連携

水田に苗を植える参加者。無農薬米を使った日本酒造りを進める=5日
水田に苗を植える参加者。無農薬米を使った日本酒造りを進める=5日
持続可能な開発目標(SDGs)を取り入れる動きが、酒造業界でも広がっている。八戸地域の教育関係者らで組織する「しまもりSDGs実践プロジェクト」は地元の酒造会社と連携し、環境への負荷が少ない無農薬米を使い、この地の風土に合った日本酒造りを進.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録