ロ侵攻「正当化余地なし」 メルケル氏、融和政策擁護

 7日、ドイツ・ベルリンでジャーナリストの質問に答えるメルケル前首相(左)(Fabian Sommer/dpa提供、AP=共同)
 7日、ドイツ・ベルリンでジャーナリストの質問に答えるメルケル前首相(左)(Fabian Sommer/dpa提供、AP=共同)
【ベルリン共同】ドイツのメルケル前首相(67)は7日、ロシアのウクライナ侵攻について「国際法を無視した残虐な攻撃で正当化の余地はない」と非難した。首相として外交解決を懸命に模索したとし「努力が足りなかったと自分を責めることはない」と述べ、在.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録