【県高校総体】堅守速攻、ピンチ乗り切る 初の連覇/ハンドボール男子の三本木

ハンドボール男子の三本木が、創部以来初の県高校総体連覇を飾った。決勝ではスコア上はリードしながら、時に相手の勢いに押されてピンチを招く場面もあったが、持ち前の「堅守速攻」を貫くことで流れを渡さなかった。祐川俊平主将は「シュートが入らない場面.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録