「ガラスの動物園」を上演 八戸市民劇場で14、15日

「ガラスの動物園」の一場面
「ガラスの動物園」の一場面
八戸市民劇場は、6月14、15日に市公会堂で文学座による「ガラスの動物園」(テネシー・ウィリアムズ作、小田島恒志訳、高橋正徳演出)を上演する。開演は14日午後6時半、15日午後1時半。 父親が家を出て以来、母子家庭として暮らしてきたウィング.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録