体験通じ環境保全学ぶ 洋野・向田小で炭焼きや植物観察

炭になった松ぼっくりを確認する児童
炭になった松ぼっくりを確認する児童
洋野町立向田小(野崎祐司校長)で27日、全校児童23人でつくる「森林愛護少年団」の学習会が開かれた。児童は地域の産業である炭焼き体験や学校周辺の植物観察を通し、環境保全や職業への理解を深めた。 同団は1978年度から活動。学習会に先立ち開催.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録