時評(5月31日)

最高裁は海外在住の日本人有権者が最高裁裁判官の国民審査に投票できない現行制度を憲法違反だと断じた。「審査権は国民の権利である」とした大法廷15裁判官の全員一致の判断である。国民主権を前面に押し出した明快な違憲判決であり、民主主義の基本理念を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録