習氏怒らす「大翻訳運動」 当局の世論工作を外国語で発信

 中国海南省を視察する習近平国家主席(右から2人目)=4月(新華社=共同)
 中国海南省を視察する習近平国家主席(右から2人目)=4月(新華社=共同)
反米や反日感情をあおるために中国当局が行う国内向けの宣伝を外国語で紹介し、ツイッターを通じて海外に知らしめる「大翻訳運動」と呼ばれる動きが中国内外で広がっている。参加者は「中国共産党の世論工作の実態を暴き、世界に警鐘を鳴らす」と狙いを説明。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録