急速な円安進行に一服感 米景気後退懸念でドル売り進む

 円相場の推移(対ドル)
 円相場の推移(対ドル)
急速な円安進行に一服感が出ている。円はこの3週間でドルに対して約4円値上がりした。歴史的なインフレで米景気の後退懸念が強まり、ドルを売る動きが強まっているためだ。ただ円安に伴う輸入コストの増加を価格に反映しきれていない企業も多く、日本の消費.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録