天鐘(5月29日)

95年前、芥川龍之介は親友で作家の久米正雄あてに「ぼんやりした不安」(『或旧友へ送る手記』)と遺書を残して自殺した。そう記しつつ、「君は僕の言葉を信用する事は出来ないだろう」と諦念も滲(にじ)ませた▼「ぼんやりした不安」は動機の全てではなく.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録